管理人の仕事

管理人

管理人について

公共住宅の特徴として、管理人制度があります。
ある決まった任期にて(だいたい1年間)1棟に1人、住民を代表して行います。

管理人の仕事

入居者の案内、カギの預かり

居住している建物、棟に空き部屋がある場合は、管理人がその部屋のカギを管理します。

また、その空き部屋に入居希望者がいた際にも、管理人が部屋の案内を行います。
入居希望者から直接、空き部屋見学の申し込み連絡がありますので、その手配をする必要があります。

共益費の集金、管理

共益費の集金や管理は管理人が行います。
だいたい1ヶ月に1度の割合で、住民から徴収を行います。

駐車場申請などの書類管理

駐車場の申込書や入居に関する届書を住宅供給公社から預かり、必要のある住民に配布、回収する仕事も行います。

掃除の出欠確認

管理人の仕事

定期的に住民が協力して行う、掃除の出欠席の確認なども管理人の仕事です。

団地によっては、欠席する際に罰則金を徴収するところもありますので、共益費と同様に集金、管理を行います。

回覧板の配布

住宅供給公社や町内地区から、定期的にお知らせや案内の書類が届きますので、住民に通達するための、回覧板を配布する必要があります。
また、廊下などの掲示板に張り出す作業もあります。


スポンサードリンク



サイトMENU

Copyright (C) 2007 団地に住もう!県営住宅攻略ガイド. All Rights Reserved.