団地生活のルール

団地生活のルール

共益費

外灯や廊下の電球・電気代、集会場の水道代・ガス代などといった費用は、共益費として住民が負担することになっています。

通常、毎月1000円程度掛かると考えてください。

環境の整備

環境の整備

団地の廊下や外の植木、芝生の手入れなどは、団地の住民が協力し合って行います。

それに伴い、1ヶ月〜2ヶ月に1度、共同で掃除を行います。

各世帯で代表者が出席しますが、都合が付かなく欠席する場合は、出不足金を支払う制度がある団地もあります。

管理人

各棟や建物ごとに管理人が存在します。

この管理人はある一定の任期(大体1年くらい)で住民により交代で行われます。管理人は住民の代表として、いろいろな仕事を行います。

収入に関する申告

団地の家賃は、そこに住む世帯の収入によって決まります。

よって年に1回、家賃設定の見直しを行うため、収入に関する申告を要求されます。これにより次年度の家賃が決定されます。

ペットについて

ペットについて

ペットについては、どの団地でも飼うのは禁止されています。

騒音や衛生的な面からも、隣近所の迷惑となりますので、動物を飼うのは絶対にやめましょう。



スポンサードリンク



サイトMENU

Copyright (C) 2007 団地に住もう!県営住宅攻略ガイド. All Rights Reserved.